【一宮市】一宮市で大人気の結婚式場「ルージュブラン」創業者の著書が発売されました!コロナ禍でのウェディングプランナーの奮闘、結婚式のリアルを知ることができます。

一宮市で大人気の結婚式場「ルージュブラン」をはじめとするブライダル事業を展開している株式会社ブラスは、書籍『ウェディングプランナーになりたいきみへ3 ~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』を、2022年5月11日(水)に幻冬舎より発売しました。

結婚式のリアルを綴った最新刊『ウェディングプランナーになりたいきみへ3~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』5月11日(水)に発売【ブラス】

プレスリリースより

2020年の春以降、コロナ禍という環境下において、多くの新郎新婦とご家族が結婚式について考え、悩むこととなりました。

そんなお客様の想いを全力で受けとめながら、どうにもならない現状に迷い、立ち止まり、それでも「いい結婚式を創りたい」と走り続けたブラスのウェディングプランナーたち。

ただひたすらに向き合い続けた彼女たちのリアルなエピソードと、笑顔と涙あふれる結婚式の様子を、『ウェディングプランナーになりたいきみへ3~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』として、一冊にまとめました。

なお、本作は、2008年・2013年・2019年に発売した「ウェディングプランナーになりたいきみへ」の第4弾で、最新刊となります。

■書籍内容

「結婚式は不要不急なんかじゃない」ー

どんなときも「最高の結婚式」を追求する。

コロナ禍でウェディングプランナーは何を想い、新郎新婦にいかに寄り添ったのか。

結婚式の火を灯し続けた、プロフェッショナルたちのドキュメンタリー。

■登場人物・ストーリー

本作には、リクルートブライダル総研が主催する「GOOD WEDDING AWARD 2021」(ウェディングプランナーの全国コンテスト)でグランプリを受賞した藤井エグゼクティブプランナーや、「GOOD WEDDING AWARD 2019」グランプリの鈴木エグゼクティブプランナーなど、現役のウェディングプランナーはもちろん、現場を支える支配人、料理人、司会者など、総勢16名のブラススタッフが登場します。

新郎新婦や家族とのエピソードを交えたリアルストーリーとともに、代表取締役社長・河合達明さんの熱い想いが詰まった一冊となっています。

■『ウェディングプランナーになりたいきみへ』特設ページ

『ウェディングプランナーになりたいきみへ』の最新刊出版を記念した、特設ページを現在公開中です。結婚式や本作への想いを、対談やコメント動画でご覧いただくことができます。

特設ページはこちら!

結婚式のリアルを綴った最新刊『ウェディングプランナーになりたいきみへ3~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』5月11日(水)に発売【ブラス】

プレスリリースより

■書籍情報

結婚式のリアルを綴った最新刊『ウェディングプランナーになりたいきみへ3~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』5月11日(水)に発売【ブラス】

プレスリリースより

書名:『ウェディングプランナーになりたいきみへ3 ~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』

著者:株式会社ブラス代表取締役社長 河合達明

発売日:2022年5月11日(水)

価格:定価1,400円(税込1,540円)

出版社:幻冬舎

※全国の書店・ネット書店等にて販売中

【著者メッセージ(本作より引用)】

コロナ禍の結婚式の裏側には、新郎新婦と一緒に悩み苦しみながらも、おふたりにとってベストな結婚式の形は何かを考え抜いた、ウェディングプランナーやスタッフの姿がありました。

苦しい時期を過ごす中で、それでもこの経験を書き記すことが、この本の使命だと感じていました。

そうして約2年の月日を経て、『ウェディングプランナーになりたいきみへ3 ~いま、あらためて問われる結婚式の本質~』が完成しました。

涙を流して、お客様に「ありがとう」と言ってもらえる仕事は、世の中にそうありません。この仕事がどんなに素晴らしいものなのかを、いまあらためて伝えていきたいと思っています。

そして、この本を読んだ方が、「ウェディングプランナーになりたい」「結婚式の現場で働きたい」「こんな時代だからこそ、自分たちらしい、いい結婚式を挙げたい」と思ってくだされば、これほどうれしいことはありません。

【著者紹介】

河合達明(かわいたつあき)

株式会社ブラス代表取締役社長。1966年、愛知県稲沢市生まれ。21歳のとき友人から結婚式の司会の依頼を受け、人生初の司会者となる。

以後、会社員として働きながら、友人・知人から依頼を受けた司会を続けていたところ、司会者事務所にスカウトされ所属。

1998年、結婚式の司会者派遣を行う有限会社ブラスを設立。多くのホテルや専門式場を司会者として回るうちに「もっといい結婚式を創りたい」という想いが募り、ついに一念発起。

2003年、愛知県一宮市の住宅展示場を結婚式専門の施設「ゲストハウス」としてリニューアル。1号店となる「ルージュ:ブラン」を開店し、ハウスウェディング事業をスタートさせた。

2004年、株式会社ブラスへ組織変更。2016年に東証マザーズ・名証セントレックスに新規上場、2017年には東証一部・名証一部へ市場変更を果たし、現在は東証プライム・名証プレミアへ移行。全国に直営店型ゲストハウスを23店舗展開している。

ウェディングプランナーを志す学生、ブライダルの仕事に就いている業界の方、これから結婚式を挙げる方など、すべての方に届けたい一冊となっています。

感動的な結婚式の裏側のストーリーをぜひ読んでみてくださいね!

プレスリリース

2022/05/16 07:14 2022/05/16 07:14
でめ

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ一宮区

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集